安くて質のいいユニクロ製品を作ってきたインドネシアの工場がつぶれ、4千人が路頭に投げ出された。退職金も未払いのまま。ユニクロとの話し合いを求めて来日した一人が、ニットづくりに励んできたワーニさんだ。サプライチェーンの先で、何が起きているのか。

This content is for members and subscribers only.
この記事は、読者組合員、定期購読者のみ閲覧可能です。
Login / ログイン Join Now / 今すぐ登録

About the author

This post is also available in: English (英語)

次の記事コロナウイルスと向き合う生活困窮者・路上生活者