暗闇の中では線量計の甲高い音が響き渡り、東京から派遣されたハイパーレスキュー隊員たちが声をかけあいながら瞬間線量を確認するーー。6年前の3月18日、だれもが固唾を飲んで水素爆発した福島原発の放水を見守った。昨年退職したのを機に、当時ハイパーレスキュー隊の総括隊長だった高山幸夫さんから話を聞いた。

This content is for members and subscribers only.
この記事は、読者組合員、定期購読者のみ閲覧可能です。
Login / ログイン Join Now / 今すぐ登録

About the author

This post is also available in: English (英語)

前の記事Japan’s LGBTQ members suffer discrimination, abuse
次の記事Baby Blues: Japan’s fertility crisis