女性の賃金差別や職場でのマタハラ、セクハラが改めて問題視されている。職場から性差別をなくし、安心して働ける職場環境を作るためには労働組合は欠かせない。

This content is for members and subscribers only.
この記事は、読者組合員、定期購読者のみ閲覧可能です。
Login / ログイン Join Now / 今すぐ登録

About the author

This post is also available in: English (英語)

前の記事Japan’s women continue to suffer at hands of domestic violence
次の記事Prizewinning women writers help to bridge Japan’s gender gap