フェミニズムを専門とする米国の研究者、ジョニー・シーガーの著書「THE WOMEN’S ATLAS」を訳したもので、明石書店から2020年10月、日本語版が発行された。1986年に初版が刊行された後、随時データが更新されているロングセラーだ。シーガーが、「本書は単なる女性に関する地図帳ではない。女性の経験を真剣に語るというレンズを通した、フェミニズムによる世界の再地図化だ」と自ら説明している。

This content is for members and subscribers only.
この記事は、読者組合員、定期購読者のみ閲覧可能です。
Login / ログイン Join Now / 今すぐ登録

About the author

吉永磨美(よしなが・まみ)
1998年から日本で新聞記者として働く。戦争の歴史、情報公開、ジェンダー、医療福祉のテーマを中心に取材活動を続けてきた。2020年9月から新聞労連委員長、マスコミ文化情報労組会議(MIC)議長。労働組合活動の一環としてアンフィルターに寄稿する。

This post is also available in: English (英語)

前の記事ジェンダー平等、女性登用を訴えメディア労組らが会見
次の記事「それでも生きる」
吉永磨美(よしなが・まみ) 1998年から日本で新聞記者として働く。戦争の歴史、情報公開、ジェンダー、医療福祉のテーマを中心に取材活動を続けてきた。2020年9月から新聞労連委員長、マスコミ文化情報労組会議(MIC)議長。労働組合活動の一環としてアンフィルターに寄稿する。