「在日米海軍が検出した5μシーベルト時についての再検証 Stars and Stripes紙の原発報道事故報道内容分析を振り返る」について

0
591

本稿は、2011年3月の福島第1原発事故の報道検証として行われた、米軍の準機関紙とされる「スターズアンドストライプス紙」(以下、S&S)の紙面分析を起点にしている。S&Sのアジア・太平洋版を対象として『情報化社会・メディア研究』誌の震災報道検証プロジェクトが2013年に公表した論考を、発災後10年を経て、ある1本のS&S記事について「再検証」を行い、今年6月に同誌に掲載したものだ。いずれも同誌のリポジトリとして公開されている。

This content is for members and subscribers only.
この記事は、読者組合員、定期購読者のみ閲覧可能です。
Login / ログイン Join Now / 今すぐ登録

About the author

専門紙記者、ジャーナリスト、日本大学大学院新聞学専攻博士課程満期取得退学
Specialty paper Staff Writer, journalist, Nihon University Graduate School of Journalism and Media Doctoral course Major Completed withdrawal.

前の記事Unfiltered On the Ground
東京五輪への複雑な心境
次の記事成田空港建設との闘い
義理の父にとっての三里塚