Unfiltered On the Ground
議員と話し、地道に夫婦別姓を訴える

0
555
Photo: 齋藤周造
北海道帯広市出身の上田めぐみさん。東京都内や北海道十勝地方などで活動している。2年以上はたらきかけた結果、帯広市議会では「選択的夫婦別姓制度の法制化に向けた議論を求める意見書」が2022年7月にようやく可決された。

選択的夫婦別姓・全国陳情アクション 上田めぐみさん

私が中学生だった1990年代前半には、民法改正要綱を答申するための法制審議会が開かれていました。メディアでも、選択的夫婦別姓のことが報道されていたので、気になっていました。

「なぜ女性ばかり姓を変えるのか」ということに疑問を抱いていたのですが、そのことに関して話をできる人が周りにいませんでした。

This content is for members and subscribers only.
この記事は、読者組合員、定期購読者のみ閲覧可能です。
Login / ログイン Join Now / 今すぐ登録

About the author

松元 ちえ(まつもと ちえ)
ジャーナリスト、法政大学法学部海外メディア分析非常勤講師。The International Herald Tribune/The Asahi Shimbun で英字記者、dpaドイツ通信社で東京特派員として勤務したのち、『労働情報』で編集人、東京大学大学院情報学環では学術支援員を務めた。共著に『失敗しないためのジェンダー表現ガイドブック』(小学館 2022年)、『マスコミ・セクハラ白書』(文藝春秋 2020年)など、共同翻訳には「世界を動かす変革の力〜ブラック・ライブズ・マター共同代表からのメッセージ」(明石書店 2021年)などがある。

前の記事AI is running the lives of Delivery Workers in Japan
次の記事Hongkongers Establish Alliance in Japan to Continue the Fight for Democracy Across Asia