土曜日, 7月 24, 2021
快晴だがビル風が強く叩きつけた2021年3月14日、幸子さん(30代、仮名)は都内新宿区の大久保公園で実施された「女性による女性のための相談会」に現れた。
日本で暮らすミャンマー人のネットワーク「在日ミャンマー市民協会」の代表を務めるタンスエ氏(59)がUnfilteredのインタビューに応じた。
新型コロナウイルス感染拡大により、飲食業やサービス業が営業自粛や閉鎖に追い込まれる一方で、失職したり次の仕事が決まらずに生活困窮する人が増えている。中でも女性が置かれる状況は、ひときわ深刻だ。
日本の企業で技能実習を受けるベトナム人は、2020年3月末、2,316人にのぼり前年比58%を超える増加率となった。在留外国人数では中国、韓国の次に多く、およそ41万2000人。日本語学習のために留学する学生も多く、それに伴って労働問題も多発している。
17歳で妊娠した彩咲りんさん(仮名)は、病院で「最後に性交渉したのはいつですか」と尋ねられ、答えに迷った。
菅 直人 私は当時、総理大臣でした。原発事故だけでなく、地震と津波の被害が甚大だった。そのことは今でも非常に強く記憶に残るし考えていることがいろいろとある。震災以来、原発を止めるべきだという立場に転換し、それに向けて活動を続けている。
新型コロナウイルス感染症についての相談や入院、療養の調整、感染経路の調査などをするのが保健所だ。しかし感染者の増大に、病院のキャパシティが追いつかず、担当する保健師たちは、患者の選別などを強いられるなど、精神的、肉体的な負担が限界に達しつつある。
この記事はまだ翻訳されていません。
2007年に長崎市幹部から性暴力を受けた女性記者が市に謝罪と賠償を求める裁判の第3回口頭弁論が11月18日長崎地裁(武田瑞佳裁判長)で開かれた。同日事件の被害当事者を支援する日本新聞労働組合連合(南彰委員長)と「長崎市幹部による性暴力被害者を支える会」が共催するフラワーデモが行われた。
この記事はまだ翻訳されていません。

RECENT POSTS