火曜日, 10月 26, 2021
ホーム インタビュー

インタビュー

菅 直人 私は当時、総理大臣でした。原発事故だけでなく、地震と津波の被害が甚大だった。そのことは今でも非常に強く記憶に残るし考えていることがいろいろとある。震災以来、原発を止めるべきだという立場に転換し、それに向けて活動を続けている。
女性の賃金差別や職場でのマタハラ、セクハラが改めて問題視されている。職場から性差別をなくし、安心して働ける職場環境を作るためには労働組合は欠かせない。
この記事はまだ翻訳されていません。
この記事はまだ翻訳されていません。
暗闇の中では線量計の甲高い音が響き渡り、東京から派遣されたハイパーレスキュー隊員たちが声をかけあいながら瞬間線量を確認するーー。6年前の3月18日、だれもが固唾を飲んで水素爆発した福島原発の放水を見守った。昨年退職したのを機に、当時ハイパーレスキュー隊の総括隊長だった高山幸夫さんから話を聞いた。

RECENT POSTS