この記事はまだ翻訳されていません。
リサイクルが進むと同時に人口の高齢化が加速しているため、日本ではごみの量が減る一方だ。現在、全国で1千件の清掃工場が稼働しているが、焼却炉の新規建設予定はない。そこで日立造船や丸紅、JFEエンジニアリング、伊藤忠などの企業は、日本政府から補助金を受けて、日本のごみ焼却技術の輸出を視野に入れている。東南アジアでは、廃棄物の増加にともなって危機的状況に陥っているからだ。しかし一方で、労働者や活動家、環境保護家などから、汚染による暮らしへの影響や焼却炉の安全性について懸念の声が上がっている。
この記事はまだ翻訳されていません。
新型コロナウイルス感染拡大防止のために事業所が営業自粛や閉鎖に追い込まれる中で、生活困窮する人が増えているため、2020年末から2021年の年始にかけて都内各所では相談会が実施された。
路上生活をしていたと思われる女性が11月に東京・渋谷区「幡ヶ谷原町」のバス停で殺害された。 バス停にいた女性が邪魔だったと一方的に恨みを募らせた実家暮らしの男性が、「痛い思いをさせればいなくなると思った」と袋に石を入れて殴り殺す衝撃的な事件だった。
新型コロナウイルス感染症についての相談や入院、療養の調整、感染経路の調査などをするのが保健所だ。しかし感染者の増大に、病院のキャパシティが追いつかず、担当する保健師たちは、患者の選別などを強いられるなど、精神的、肉体的な負担が限界に達しつつある。
この記事はまだ翻訳されていません。

Boys for rent

0
この記事はまだ翻訳されていません。

RECENT POSTS